学校生活・進路

総合学習の時間

2017.05.25

5月23日(火)総合学習の時間において、各学年、様々な行事が行われました。
1学年
「救急法」と題し、AEDを用いた心肺蘇生の訓練が行われました。1年生の生徒全員が、実技で胸骨圧迫やAEDの使い方を経験しました。生徒代表の挨拶では、「このような場面に出くわしたときは、今日学んだことを活かしていきたい。」と話していました。

AED講習会の様子

2学年
「職業講話」が行われ、講師の方々に、郡山女子大学附属高校の卒業生4人を招き、お話しをいただきました。
伊藤夏生さん(太田西ノ内病院)
小林亜沙美さん(郡山女子大学附属幼稚園)
古川ほのかさん(大東銀行)
櫻田澪奈(ホテルハマツ)
以上4名の方には、自分の高校時代の体験や勉強に対する取り組み、現在の仕事の内容や仕事に対する思いをお話いただき、本校の2年生はとても刺激を受け、将来の職業選択を考える契機となりました。

左:伊藤さん 右:小林さん

左:古川さん 右:櫻田さん

3学年
本校のキャリア教育の一環として、高大連携授業が行われました。郡山女子大学・短期大学部それぞれの学科・専攻の先生方が、学科の特徴や入試内容を説明しました。附属高校から郡山女子大学・短期大学部への進学を希望する場合、「高大連携入試」が適用されます。大学の附属高校であるというメリットの一つです。今回の高大連携授業は、学習意欲を刺激し、視野を広げる貴重な体験になり、また進学後の自分を考えるためのイメージトレーニングにもなったのではないでしょうか。本校生徒が進学への意識を高めることのできる大学との高大連携に期待します。

高大連携授業の様子