学校生活・進路

2学年 主権者教育

2018.03.09

主権者教育の一環として、模擬選挙「未来の県知事選挙」を行いました。
選挙の方法や意義について考えさせる事を目的としています。
2月下旬に基礎学習を終え、知事候補役の福島大学生3人の政見放送をビデオで確認、実際の選挙と同様の手順で投票を行い、開票作業まで体験しました。

政見放送の視聴、選挙公報を読み、その後、模擬投票を行いました。模擬選挙には実際の投票用紙を使用して投票を行いました。

候補者の政見放送 視聴の様子(事前学習)


一票を投じます


開票作業

生徒からは、「候補者の考えに共感でき、未来を感じたので、一票を投じた。政治や選挙が身近に感じた」など、多くの感想を聞くことができました。