イベント

芸術鑑賞講座「東儀秀樹コンサート」

2014.11.25

第187回 芸術鑑賞講座「東儀秀樹コンサート」が大学・短大・高校・教職員を対象に行われました。
東儀秀樹師をはじめ、雅楽師の皆様による雅楽の演奏を披露していただきました。

第1部では、1000年以上の間、大切に伝えられてきた貴重な伝統雅楽を披露していただき、第2部では、ポップス曲を東儀さんがオリジナルに編曲し、篳篥(ひちりき)で演奏してくださいました。

演奏の合間には、雅楽の楽器の紹介をしていただいたり、雅楽の楽器に触れさせていただいたりという、非常に貴重な体験もさせていただきました。

東儀秀樹さんと高坂さんのセッションの様子

東儀秀樹さんと本校生のセッションの様子

本校1年音楽科の高坂夏海さんは、積極的に手を挙げ、雅楽楽器に触れる体験をしました。
笙(しょう)と呼ばれる雅楽楽器を手にし、「思ったよりも軽いです」とコメントしたことに対し、東儀さんは、「なぜ重く感じたのか、そこには伝統や格式といった目には見えないものがそうさせている」と一つ一つ丁寧に返答していただきました。
また、高坂さんは笙を実際に演奏する機会もいただき、東儀さんとともにセッションし、見事な即興演奏を披露しました。

伝統的な雅楽の響きを堪能し、オリジナルの雅楽、格式がありながらも現代的な音の空間を堪能でき、非常に素晴らしい芸術鑑賞講座となりました。

東儀秀樹さん、雅楽師の皆様、また、スタッフの皆様、ありがとうございました。