本校の歴史

東北地方における女子の高等教育(大学教育のこと)の普及・向上をねらいとして大学を創り、それと連動して郡山市内最初の私立女子高校として発足しました。

昭和22年 4月 地方女子高等教育の普及と向上のため郡山女子専門学院を創設
昭和24年 11月 学校法人郡山開成学園設立許可
昭和25年 4月 郡山女子短期大学(家政科)を設置
昭和26年 3月 学校法人郡山開成学園組織変更
昭和30年 4月 附属幼稚園を設置
昭和32年 4月 教育効果の向上と高校普通教育普及のため附属高等学校(普通科)を設置
昭和40年 4月 附属高等学校に音楽科・デザイン科・食物科新設
昭和41年 4月 4年制大学家政学部新設
昭和48年 2月 附属高等学校新校舎及び体育館竣工
昭和48年 4月 デザイン科を美術科と改称
昭和60年 4月 普通科に英語コース新設
附属高等学校普通教室新棟竣工
学園テニスコート新設
昭和60年 11月 建学記念講堂完成
平成3年 3月 学園宿泊研修棟竣工
平成4年 4月 郡山女子大学大学院開設
平成8年 8月 創学館竣工
平成9年 3月 武道館竣工
平成13年 4月 英語コースを英語コミュニケーションコースと改称
平成15年 4月 普通科に5コース開設
平成19年 4月 普通科を3コースに改編
平成20年 9月 校舎等の耐震化工事完了